大豆のアンチエイジング効果って?

大豆がとてもアンチエイジング効果があるということで、

大豆食品を多く摂っています。

納豆、豆腐、おからなど

35歳前後になって自分自身の老化というものを感じるようになりしまた。

顕著だったのが朝の肌の乾燥でした。

20代のころには感じることがなかったような乾燥が肌に現われてきてしまったのです。

顔全体の筋肉も何だか下がって来ているようにも感じました。

肌だげは髪のコシも弱くなりセットが決まらないことが多くなりました。

35歳というのは女性にとってひとつの曲がり角だと聞いたことがあります。

女性ホルモンの分泌がそのころから減少していくというのです。

女性ホルモンは女性の健康や美容にとってとても大きな役割を担っていることは、

私も知っていました。

減少する女性ホルモンを補うものとして大豆イソフラボンが、

良いと雑誌で読んだこともありました。

そこで私はアンチエイジングも兼ねて日頃から意識して、

大豆食品を多く摂るようにしています。

豆乳などは料理にも使いほぼ毎日のように摂っています。

大豆食品を多く摂るようになって気のせいかも知れませんが、

肌の潤いが戻ってきたようにも感じています。

健康にも良いと思うので大豆食品はこれからも摂るよう心掛けようと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする